ヘルパー・介護福祉士の将来性について

ヘルパー・介護福祉士の将来性について書かせて頂きます。

 

結論から言えば、ヘルパー・介護福祉士は将来性がある職業の一つになります。
少子高齢化が進む、(しかも止まる見込みのない)今の日本では、ヘルパー・介護福祉士はいくらいても足りない状況です。

 

今はまだ賃金が上がりにくい状況ですが、このままいくとどう考えても介護施設がパンクしてしまう上に、移民に対する拒否感が強いお国柄であることを考えると、遅かれ早かれ介護職の待遇を良くせざるをえなくなります。
なのでその点も考えると、介護職には将来性があるといえるでしょう。

 

また、介護施設は工場と違い、海外に移転できない点も介護職に将来性がある理由のひとつです。
今はグローバル時代なので、工場や資本は簡単に条件のよい海外へ逃げてしまいます。
なので工場の職員はどうしても不安定な雇用に悩まされることになりますが、介護職員は別です。
なぜなら、介護施設は海外に逃げられないからです。
(正確に言えば一部の富裕層向け介護施設は逃げることが出来るのでしょうが、一般国民向けの介護施設は不可能だという事です)
海外に逃げられない以上、日本国内がどういう情勢であれ雇用が不安定になる、リストラされるという事はありません。
(どんな状況でも介護には需要があるからです)
なので介護職には将来性だけでなく安定性があることになります。

 

今のヘルパー・介護福祉士は給料面などで厳しいことが多いですが、これはいつまでも続かないと思われます。
いずれ、介護職の待遇は改善されることでしょう。